ようこそ松戸商工会議所青年部のホームページへ 

稲川会長メッセージ

2011年度 松戸商工会議所 青年部 会長所信

会長  稲川 勝

「維 新 伝 心」

(いしんでんしん)

ー伝統を誇りに新たな夢に挑む松戸YEGへー

 

名称未設定-3.gif

我々、松戸商工会議所青年部は大きな節目となる創立20周年の記念すべき年を迎えることが出来ました。20年間の永きにわたり、青年部の活動を展開された多くの先輩の皆様に尊敬の念を抱くと共に、我々が現在活動が出来る礎を築いて頂いたことに、心より感謝を申し上げます。本年度は「新たなるスタートの年」と位置付けて、先輩諸兄が築いた、伝統と誇りと歴史の重みを感じ、新たな目標の設定に歩み出す絶好の機会と考え、会員が一丸となり、青年部と本気で向き合い夢に挑み志を持ち、自己研鑽を行うことによって次代の地域の担い手として、今後の青年部活動を未来に引き継ぐために、思いを込めまして、「維新伝心(いしんでんしん)」ー伝統と誇りに新たな夢に挑む松戸YEGーをスローガンに掲げ1年間取り組んでまいります。皆様のご協力を何卒宜しくお願いします。


私たちはお互いの立場や環境は異なりながらも、高い理想と情熱を胸にYEGへ入会されたと思います。全ての起点は素晴らしい仲間との出逢いであります。「異業種」だからこそできる意見や情報交換が自社へ活かすことが出来き、幅広い人脈作りが行えます。次世代を担う同じ立場の者が自分磨きの場であり「気付き」と「学び」の会であると考えます。


ここ数年の歴代会長のご尽力による、拡大の成果により、現在青年部に若い力が満ち溢れています。その力で新たな活動価値を見出し、組織の活性化と活動意識の向上に取り組みたいと考えます。そのためにも青年部活動の情報を幅広く発信し、親会・地域各団体・行政、との連携を図り活動の更なる発展に踏み出したいと考えます。それと同時に原点に立ち返り地域を探究する事で新たなる発見をしたいと考えます。

YEG宣言には「一人一人のYEGは自らの企業の発展を原点として、さらに地域社会への貢献を考えそれぞれ夢に若さと情熱を持って積極果敢にチャレンジし、経済人としての自己表現を図っていかなければならない」とあります。混沌とした現在の経済状況こそ色々なビジネスチヤンスが在るのも事実ですが、しかしチャンスは、一瞬で目の前を通り過ぎ去って行くように思えます。それを見極め、掴み取れる術を学ぶことこそが私たちの活動そのものだと考えます。自己研鑽は基より、私達は、あくまでも人と人の繋がり(信頼関係)で成り立ち、目的意識を持ち例会や委員会へ参加し活動をしていただければ、必ず人間関係や仕事に役に立ちます。その中で会員のみでなく、諸先輩方、他単会等の出逢い、その方々の経験、知識を五感で吸収する事で、自分自身が成長するものと確信しております。そして、お互いに誘い合って活動の楽しみを見つけ下さい、何か少しでも得るものが有ると感じていただければ、ありがたいことです。その積み重ねが松戸YEGの活性化に繋がり、企業経営の研鑽を積み、地域を愛する、青年経済人として、自ら行動することで、歴代会長から引き継いだ魅力のある青年部を次世代に繋げて行けるように精一杯努力してまいります。何かと至らぬ点が多々有ると思いますが、夢を語らい、夢を描き、夢を実現すべく、元気に挑んで行く所存です。

皆様のご協力を宜しくお願を申し上げます。

1、次の委員会を設け、それぞれ理念を持って活動を行う。
   1.総務広報委員会     総会・卒業式企画運営・情報発信担当
   2.会員拡大委員会     会員拡大・新入会員担当
   3.交流委員会        会員相互の親睦・OBとの交流担当 
   4.女性会員特別委員会  女性会員親睦・女性会員拡大担当
   5.経営研究委員会     経営研究・研修担当
   6.地域経済委員会     地域経済活性化活動担当
   7.松戸まつり支援委員会 松戸まつり企画・運営担当
   8.20周年特別委員会   周年事業記念式典企画・運営担当
   9.渉外特別委員会     渉外担当

2、青年部組織の事業への参加・協力及び諸団体との交流
   1.全国・関東・千葉県青年部連合会組織への参加・協力・交流
   2.近隣商工会議所・商工会青年部との連携と交流
   3.他部会との情報交換と交流
   4.行政・諸団体との情報交換と交流

3、各種イベントへの参加・協力
   1.松戸まつり
   2.その他

4、各委員会の理念による研修会・講演会等の実施

5、青年部組織内強化と人材の育成と組織運営の効率化の推進